クレジットカード

現金代わりになるクレジットカード。
クレジットカードには、その時に現金が無くても買い物が出来るというメリットがある。
分割払いやリボ払い、ボーナス払いなど、その時の財政状況によっていろんな支払い方法を選ぶことが出来る。1括払いであれば手数料などかからない場合が多い。
またクレジットカードを使うことによって割引になったり、ポイントなどがついてくるなど、お得な付加価値がついてくる。

クレジットカードの種類

クレジットカードには、発行元によって幾つかに分類することが出来る。
ポイントやマイルの有無。どれくらいのショップで使えるのか。国内に強い、海外に強い。発行元によってメリット、デメリットがある。
自分のライフスタイルに合わせてクレジットカードを選ぶ。

クレジットカードの発行会社

クレジットカードは発行会社によって分類することが出来る。

■銀行系クレジットカード
その名の通り銀行が発行しているクレジットカード。
JCBカード」「三井住友カード」「DCカード(楽天)」「UFJニコスカード」などが有名。また外資系では「シティカード」があります。
■信販系クレジットカード
信販会社が発行元のクレジットカード。信販系大手だった「ニコスカード」は三菱UFJニコスグループへ。
「ライフカード」「オリコカード」「クオーク」「ジャックス」などが有名。また外資系では「アメリカン・エキスプレス」があります。
■流通系クレジットカード
百貨店やスーパーなどが発行元のクレジットカード。
「イオンカード」「セゾンカード」「OMCカード」「ポケットカード」「アイワイカード」などが有名。
■交通系クレジットカード
航空会社が発行元のクレジットカード。
「ANAカード」「JALカード」「ノースウエスト/シティ カード」などが有名。
■メーカー系クレジットカード
電気や自動車などのメーカーが発行元のクレジットカード。
「My Sony Cardカード」「TS3カード」「日産フィナンシャルカード」など。
■石油系クレジットカード
ガソリンスタンドなどの石油系の会社が発行元のクレジットカード。
「出光カード」「JOMOカード」「コスモ・ザ・カード」など。
■通信系クレジットカード
通信会社が発行元のクレジットカード。
「NTTカード」「DCMX」「auじぶんカード」など。
■消費者金融系クレジットカード
消費者金融が発行するクレジットカード。
「武富士」「プロミス」「アコム」「アイフル」など。

国際ブランド

クレジットカードの中でも世界的に使える5社の国際ブランドというものがある。
「VISA」「Master」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナース・クラブ」。
この国際ブランドのうち「VISA」「Master」は、他を圧倒する発行枚数と利用できる加盟店の数を誇る。しかし実はこの2つのカードは、自社カードとして発行はされていません。この2社は他のクレジットカードと提携という形で「VISA」や「Master」の保有するネットワークやブランドを提供していて、提携したクレジットカードはその恩恵を受けることが出来る。

「VISA」は、世界的に使えますがアメリカなどで強く人気のあるクレジットカード。
「Master」も全世界で使えますが、「VISA」に比べヨーロッパで強いクレジットカード。
「ダイナース・クラブ」はクレジットカード最古の会社と言われ、クレジットカードの中でも最も審査の厳しいことでも有名で、「ダイナース・クラブ」のカードを持つことは1つのステータスとなっている。
「アメリカン・エキスプレス」通称「アメックス」も「ダイナース・クラブ」に続いて審査が厳しいことで有名。
「JCB」は、日本の会社が発行する唯一の国際ブランドのクレジットカード。

クレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードなら何でも良いわけではなくて、生活の中で使える、あるいはメリットを生かせるクレジットカードを選ぶことが大切。一番利用するであろう店舗で使えることが第一条件であることは言うまでもない。 例えばスーパーでの買い物でよく使いそうなのであれば、流通系のクレジットカードが第一候補である。

  • カードブランドよりも使い方で選ぶ。
  • Pointの還元率が良い。
  • 割引サービスがある。
  • 付帯サービスが良い。

カードブランドよりも使い方で選ぶ

クレジットカードには、世界で通用する国際ブランドや日本国内でしか使えないクレジットカードなど様々。もちろんこれらのクレジットカードは、使える場所も広く信用もあって、いろんな便利なサービスを提供しています。
でも大事なのは、自分自身のライフスタイルに合っているかどうかをよく検討することで、クレジットカードのブランドは二の次にします。
折角良いクレジットカードを持っていても使えなければ宝の持ち腐れです。

Pointの還元率が良い

今やポイントが付いてくるのは当たり前の時代。まず目がいくのはいくらの利用で何ポイントくれるのか。例えば1,000円の利用で1ポイント付与などクレジットカードによって様々。
しかし、よく見ないといけないのはポイント付与率ではなく、1ポイントにどれくらいの価値があるかをあらわす還元率です。

例えば1,000円で3ポイントのA社と1,000円で5ポイントのB社。
A社とB社を比べるとポイント付与率が高いB社が得なようです。
A社は2,500ポイントで10,000円分の金券に交換できます。
B社は5,000ポイントで5,000円分の金券に交換できるとします。
すると1ポイントあたりの価値は、価値÷ポイントで計算することが出来るので
A社は、10,000円÷2,500ポイント=4円/ポイント。
B社は、5,000円÷5,000ポイント=1円/ポイントで
A社のポイント価値が高いことが解ります。

次に還元金額を算出してみます。
A社は1,000円の利用で3ポイント付いてくると言うことは、4円/ポイントですから、1000円の利用で12円還元されるのと同じ事です。
同じようにB社は、1,000円で5ポイント付いてきますが、1円/ポイントなので、1000円の利用で5円しか還元されません。

これらをポイント還元率になおしましょう。還元率を出すには次のような算式を使います。
クレジットカードの還元率={(還元金額)÷(カード利用金額)}×100
するとA社は
(12円÷1,000円)×100 = 1.2%
B社は
(5円÷1,000円)×100 = 0.5%
ごらんの通りA社の還元率が高くてお得だということが解ります。

ちなみに一番多いポイント還元率は、0.5%~0.75%に設定されています。これを越えると高還元率でお得と言えます。これを下回ると低還元率で、すごくもったいないので、還元率の高いクレジットカードに変えた方が良いでしょう。

割引サービスがある

特定のクレジットカードで買い物をすると何パーセントかの割引があるサービスです。 例えば、スーパーで食品を買うときにクレジットカードを利用すると、ポイントが付くだけでなく5%割引など、クレジットカードの会社によって様々ですが、割引してくれるうえにポイントまで付いてくるとなると、現金で買うよりもお得感倍増です。

付帯サービスが良い

特定のクレジットカードで買い物をすると何パーセントかの割引があるサービスです。 例えば、スーパーで食品を買うときにクレジットカードを利用すると、ポイントが付くだけでなく5%割引など、クレジットカードの会社によって様々ですが、割引してくれるうえにポイントまで付いてくるとなると、現金で買うよりもお得感倍増です。